国際ICT利用研究学会

第12回 国際ICT利用研究学会 研究会(第2報)

下記のように第11回研究会をWeb開催しますので,ご案内申し上げます。

今回も集合開催は中止し,Web 上での開催を実施します。この Web でのご講演・聴講によって本研究会が成立したものといたします。

本研究会の講演論文集は後日 OnLine edition: ISSN 2432-7956 として Web 上に置きます。 また,会員により発表された内容で,あらためて投稿された後,査読を経た論文(非会員共著者は1名まで)については,Transactions of the IIARS(IIARS 研究会論文誌)No.3,もしくは Journal of IIARS(IIARS 学術研究論文誌)Vol.5 No.2 以降に掲載します。

山下倫範(立正大学)
日時
2022年10月2日(日) 10:55-16:20(予定)
会場
Zoom(会員には直接お知らせいたします。また非会員でも参加ご希望の方は office@iiiar.org までご連絡下さい。Zoom情報をお知らせいたします。)
参加費
無料

プログラム

10:55 開会の挨拶 上山 俊幸(千葉商科大学)

特別セッション(11:00-12:00,座長 次郎丸 沢(カンファレンスサービス))

※講演者がセントルイスから接続されるため,現地時間との調整から時刻設定を少し早めています。
11:00-11:50
〇畑中 紀子(MSc, MSW, International Disability Rights Activist)
11:50-12:00
質疑応答

第1セッション(12:05-13:05,座長 永田 清(大東文化大学))

12:05-12:20
〇岡田 裕大(日本大学)
災害対策・防災におけるSNSの活用
12:20-12:35
〇渡我部 舞伊(日本大学)
ICTを利用した、テレビ番組・文化の維持と発展
12:35-12:50
〇木川 明彦(立正大学)
文系データサイエンス学部におけるキャリア意識の育成
12:50-13:05
〇田中優也,白木洋平(立正大学)
MASを用いた津波災害発生時における避難シミュレーション -岩手県大船渡市を対象として-
13:05-13:15 休憩

第2セッション(13:15-14:15,座長 田中 雅章(四日市大学))

13:15-13:30
〇樋口喜久乃(日本大学)
モバイル型交通系ICカードの現状と課題
13:30-13:45
〇菅原 舜(日本大学)
日本におけるMaaSの普及について
13:45-14:00
〇内藤政太郎(日本大学)
日本のキャッシュレス決済を普及・促進させるための課題と現状
14:00-14:15
〇櫻井広幸(立正大学)
TBD

第3セッション(14:20-15:35,座長 高見 友幸(大阪電気通信大学))

14:20-14:35
〇吉岡 なな(日本大学)
コロナ禍における航空業界の課題と可能性
14:35-14:50
〇髙橋 美羽(日本大学)
コロナ禍におけるテイクアウト需要調査
14:50-15:05
〇田中 雅章(四日市大学),田村 禎章(ユマニテク短期大学)
15:05-15:20
〇中村 洋介(福島大学)
コロナ禍におけるPCR検査の基準が厳しい国同士を行き来する海外出張の困難さ
15:20-15:35
〇田中 敏幸,高橋 良輔,坂下 信悟,石井 源一郎(慶応義塾大学)

第4セッション(15:40-16:55,座長 田中 敏幸(慶応義塾大学))

15:40-15:55
〇次郎丸 沢(株式会社カンファレンスサービス)
15:55-16:10
〇鈴木 治郎(信州大学)
線形代数学入門では学んでいないデータサイエンスのための線形代数
16:10-16:25
〇董 澤陽,佐藤 礼華(大阪電気通信大学)
医学生教育用3DCGモデルの手術シミュレーション手法
16:25-16:40
〇高見 友幸(大阪電気通信大学)
YouTube視聴から得られる日本古代史に関する様々な仮説
16:40-16:55
〇田中 大翔,井上 悠斗,高見 友幸(大阪電気通信大学)
平安大将棋のWebアプリケーション
16:56 閉会の挨拶 田中 敏幸(慶応義塾大学)